ダウ・ケミカル日本、TOMODACHIイニシアチブの支援を継続

TOKYO, Japan - 2017年 07月 04日

2017年6月27日、ダウ・ケミカル日本株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ピーター・ジェニングス)は、米日カウンシルと在日米国大使館が主導する官民パートナーシップである「TOMODACHIイニシアチブ」とのパートナー提携を継続しました。「TOMODACHIイニシアチブ」は、東日本大震災後の日本復興支援として発足され、教育・文化交流・リーダーシップ育成などのプログラムを通じて、日米の次世代リーダーの育成を目指しています。ダウ日本は、2014年から「TOMODACHIイニシアチブ」のパートナー企業を務めています。

テキサス州のダウのパック・スタジオを訪問する大学生世界中でダウは、科学・技術・エンジニアリング・数学(STEM:Science、Technology、Engineering、Mathematics)分野における教育支援に取り組んでいます。理系学生の教育強化は日米共通の課題となっています。科学や技術の分野において次世代を担う両国のリーダー同士の交流が、さらなるイノベーションを生み出すという共通理念の下、ダウ日本は、2014年より「TOMODACHIイニシアチブ」との活動を通じて、主に理系分野における女性のリーダーシップ向上に貢献してきました。

左、アイリーン・ヒラノ・イノウエ 米日カウンシル会長 右、ピーター・ジェニングス ダウ・ケミカル日本社長ダウ日本の代表取締役社長であるピーター・ジェニングスは、「『TOMODACHIイニシアチブ』との長期的なパートナー関係を継続することができ、光栄に思います。今後もダウは、世界の課題解決を担う次世代の科学者に投資するとともに、女性のさらなる活躍を推進してまいります。将来にわたって日米関係の基盤を強化することにもつながる活動を、今後も継続していきたいと考えています」と述べています。

TOMODACHI2014年と2016年、「TOMODACHIイニシアチブ」が主催する「TOMODACHI女子高校生キャリアメンタリングプログラムin福島」に、ダウの女性社員が未来のロールモデルとしてセッションに参加しました。 また、2017年には「TOMODACHI STEM @ Rice University Program」を通じて、10名の理系女子大学生が米国テキサス州ヒューストンに所在するダウ・イノベーション・センターを訪問し、科学者との交流の機会が提供されました。

TOMODACHIイニシアチブについて

TOMODACHIイニシアチブとは、東日本大震災後の日本の復興支援から生まれ、教育、文化交流、リーダーシップといったプログラムを通して、日米の次世代のリーダーの育成を目指す米日カウンシルと在日米国大使館が主導する官民パートナーシップで、日本国政府の支援も受けています。日米関係の強化に深く関わり、互いの文化や国を理解し、より協調的で繁栄した世界への貢献と、そうした世界での成功に必要な、世界中で通用する技能と国際的な視点を備えた日米の若いリーダーである「TOMODACHI世代」の育成を目指しています。

TOMODACHIイニシアチブウェブサイト: http://usjapantomodachi.org/ja/

ダウについて

ダウは、科学技術の力を用いて、人々の進歩に本当に必要なことにイノベーションを起こします。材料、ポリマー、化学そして生物学から価値を生み出し、清潔な水、クリーンエネルギーや省エネ、農業の生産性向上など、世界が直面する課題を解決するイノベーションに取り組んでいます。統合され、かつ市場牽引型の業界を代表するダウの機能性化学品、先端材料、農業科学品およびプラスチック事業は、成長著しい包装材料、エレクトロニクス、水、コーティングや農業などの分野において、約180カ国で製品やソリューションを提供しています。2015年の年間売り上げは約490 億ドル、従業員数は約4万9500人です。世界35カ国179カ所の生産拠点で、6千を上回る製品群の生産に従事しています。2016年6月1日、ダウはダウコーニングのシリコーン事業を完全子会社化しました。ダウコーニングは、2015年度の売り上げが45億ドル以上、 9カ国に25カ所の生産拠点を構え、約1万人の従業員を擁しています。www.dow.com

ダウ日本広報室 沢登
電話: 03 5460 6276
メール: rsawanobori@dow.com