メンテナンス
2016年4月入社

 

所属部門、経歴
機械工学科専攻で大学院を卒業後、入社。千葉工場 工務課配属。 

仕事内容は?
機械系のメンテナンスエンジニアとして、生産設備のみならず実験室、インフラ、事務所にいたる、工場にある設備全般の保全・改善・新規導入業務を行っています。 例えば、何か設備に異常が見られ通常の稼働が停止してしまった際に、トラブルシューティングを行い、素早く復旧を行うことや、その後の設備の改善・定期保全の計画立案、実行等を通して製品生産の安全性の維持・信頼性の向上を担っています。また、それらの業務において、他部署や社外の工事作業者、メーカー、時には国外の担当者の方といった多くの人々と関わり合いながら仕事を進めて行きます。

ダウに入社した動機は?
就職活動を行っていた最初の頃は、機械工学を専攻していたので他の学生時代の同期の多くがそうであったように、機械や自動車メーカーを志望していました。しかし、就活を進める中で、そのような会社での業務は、範囲の狭い機械に対して深く探求するイメージを持ったことと、数多くいる機械エンジニアの一人として働くことに違和感を感じるようになりました。そんな中、学内の合同説明会でダウの会社説明を聞く機会があり、化学メーカーの機械エンジニアとして、多くの品種を扱うプラントの幅広い機械に携われることや、少数精鋭型で働けること、外資系のグローバルな環境がとても魅力的であると思い志望しました。

最も思い出深いプロジェクトや仕事について教えてください。
入社半年後に行った工場の定修工事です。定修工事とは、工場を停止して普段できない設備の点検や保全業務等を行うことなのですが、私はその工事において先輩の支援も受けながら、工事の取りまとめ役を任されました。普段の日常の保全とは違い大規模なものになるので、計画の段階から多くの社内外の人々と協力しながら仕事を行いました。結果、無事故・無災害で完工することができたときはとてもやりがいを感じました。

ワークライフバランスについて教えてください。
自分で自分のタスクやスケジュールをコントロールでき、休みが取りやすいです。私は学生時代から海外旅行が好きで、社会人になってからもよく仕事を調整して旅行に行きます。

ずばりダウはどんな会社ですか?
社内の風通しが良く、若い世代の意見も積極的にも聞き入れてもらえる風潮があります。また、年齢にかかわらず、自分から手を挙げればチャレンジする機会が与えられて、自分のキャリアパスを自分で切り開くことができる会社です。