ダウ、世界50カ所以上で#PullingOurWeightクリーンアップ・キャンペーンを開始

ダウの従業員、河川から18トン以上の廃棄物を除去

ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー(本社:米国ミシガン州、会長兼CEO:ジム・フィッタリング)の従業員、家族、友人および顧客が、現地の協力団体およびオーシャン・コンサーバンシーと協力し、世界50カ所以上で浜辺および河川のクリーンアップに参加することで、海洋プラスチック汚染の問題に対する喚起を促しています。

このクリーンアップ活動は、河川やさまざまな地域において、参加者が1人当たり最低1.8キログラム(4ポンド)の廃棄物を回収することに挑戦するもので、#PullingOurWeight(自身の責任を果たすの意)と呼ばれています。4ポンドは、世界の人々が毎日排出しているといわれている廃棄物の平均量です。9月には、4500人以上のダウの従業員、家族および友人が、業界における仲間や顧客と共にクリーンアップ活動に参加しました。ひとつの目的のためにボランティアが集結したイベントとしては、ダウの歴史上最大の参加人数となりました。

写真:神奈川県藤沢市で行われたクリーンアップの様子

ダウのパッケージング・アンド・スペシャルティ・プラスチック事業部プレジデントである ディエゴ・ドノーソは、次のように述べています。「今年、ダウのボランティアは、かつてないほど多くのクリーンアップ活動に参加しました。私は、世界中の従業員とダウの家族の積極的な取り組みに感銘を受けました。アジアからアフリカ、ヨーロッパからアメリカまで、ダウのクリーンアップ活動により、これまでに18トン以上の廃棄物が現地の河川から除去されました。ダウは、よりクリーンで健全な海洋の実現に向けて#PullingOurWeightを展開しており、この活動に参加するよう他の方々へも呼び掛けています」

ダウのCEOジム・フィッタリングは、次のように述べています。「ダウは、オーシャン・コンサーバンシーの国際海岸クリーンアップおよび海洋プラスチックの削減活動を長きにわたり 支援しています。プラスチックであれ何であれ、廃棄物は 海あるいはわれわれの環境に存在すべきものではありませ ん。ダウは、政府、NGO、その他の業界リーダーと世界規模 および地域レベルで協力することにより、廃棄物のリサイ クル技術を開発し、既存の廃棄物を除去することを通じ、 廃棄物から環境を守ることに取り組んでいます」

ダウは、バリューチェーンを越えたパートナーシップを締結し、プラスチックが循環する経済 を推進しています。廃棄物管理のためには不十分なインフラと使用後のプラスチックの不注意 な処分が重なり、あまりにも多くのプラスチックが埋立地に最終処分され、環境に入り込んで います。設計から処分までプラスチックのライフサイクルを適切に管理することにより、世界 の海洋、河川、あるいは水路を犠牲にすることなく、プラスチックがもたらす社会的、経済的 恩恵を維持することが可能になります。

フィッタリングは、次のように述べています。「循環経済を推進することは、ダウの2025 年 サステナビリティーゴールの重要な要素の1 つです。プラスチック廃棄物の最終的な処分の選 択肢に対処することは、この時代において最も重要なビジネス機会の1 つであることは明らか です。プラスチックを元の状態にリサイクルしてエネルギーを回収するか、廃棄プラスチック を靴や建材、服、その他の価値のある製品に作り替えるなど、プラスチックを循環させるため の有効な選択肢は現に存在しています」

#PullingOurWeight キャンペーンにおいてダウおよびオーシャン・コンサーバンシーは、ダウの 4 社の重要顧客からの支援のもと、世界中のクリーンアップ活動で必要となる指定回収袋の提供 を受けています。北米では、回収袋の生産者であるPolykar 社および包装分野におけるダウの 顧客であるWinpak 社がダウと協力し、米国およびカナダにおけるオーシャン・コンサーバンシ ーによるクリーンアップのために27 万枚の回収袋を生産しました。ヨーロッパにおいてダウは、 欧州のリサイクル企業であるGCR 社とスペインの包装生産者であるPlasticos Romero 社と協力 し、メキシコ、ポルトガル、アフリカ、グアムにおけるオーシャン・コンサーバンシーによる クリーンアップのために12 万8 千枚の回収袋を生産しました。回収袋はリサイクルプラスチッ クで作られており、ダウの「RETAINTM(リテインTM)」相溶化技術が使用されています。

パッケージング・アンド・スペシャルティ・プラスチックについて
ダウ・デュポンの素材科学事業部門に属する事業部であるパッケージング・アンド・スペシャ ルティ・プラスチックは、研究開発の核となる強み、世界的な事業基盤、幅広い製品群、業界 における専門性を通じて、プラスチックに関連する革新的で持続可能なソリューションを提供 します。当事業部は、軟包装、食品包装、工業用包装、衛生・医療製品や接着剤などの高成長 市場に注力しており、世界最大のポリエチレンメーカーのひとつとして、バリューチェーンを 越えたイノベーションやコラボレーションを先導しています。

ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー(ダウ)は、科学とテクノロジーの知見を基に、人類の進歩に不可欠な 第一級の素材科学ソリューションの開発に取り組んでいます。業界でもトップクラスの強力かつ広範なツ ールを備えており、強固なテクノロジー、統合された資産、スケールと競争力を基盤に、グローバル社会 が抱える複雑な課題解決に対応します。ダウが擁する、市場主導型かつ業界を代表する高機能素材、工業 用中間体およびプラスチック事業のポートフォリオは、包装やインフラ、コンシューマー・ケアなど成長 著しい市場における顧客企業に向けて、差別化された技術に基づく幅広い製品やソリューションを提供し ます。ダウは、ダウとデュポンからなるホールディングカンパニーであるダウ・デュポン(NYSE: DWDP) の子会社です。ダウ・デュポンは、農業関連、素材科学、特殊化学品分野における強固で独立した3つの 上場企業を設立する計画です。www.dow.com

ダウ日本広報室 沢登
電話: 03 5460 6276
メール: rsawanobori@dow.com