よくある質問(FAQ)

一般法人

法人とは

法人とは、法的に見て、合法的な地位を有する独立した組織/会社の法律上の名称です。弊社は世界中の多くの国で業務を行っていることから、それぞれの当該国における事業の所有権を確立するために個々の法人を設立しています。そのようにして、可能な限り効率良く、法的資格を持って合意および契約の締結、責任の分担などを行うことができます。

法人の変更理由

合併手続きの一環として、DowおよびDuPont両社は、DowDuPontの3つの事業部門(アグリカルチャー、素材科学、特殊化学品)の創設と、予定している独立した会社への移行に向けた準備として、傘下事業の再編成に取り組んでいます。

旧Dowと旧DuPontの事業をDowDuPontの3つの事業部門の1つに再編成するため、必要に応じて各国に法人が形成されました。

別会社になる前に、現在変更を進めている理由

特殊化学品事業部門を他のDowやDuPontの法人から分割する過程で必要なプロセスです。

今後、他の法人名の変更を行う予定とその時期

特殊化学品事業部門について現在お伝えしている法人名の変更以外には、2019年6月1日まで法人名の変更の予定はありません。変更がある場合は、変更への準備をしていただけるよう、事前に通知させていただきます。

追加情報を受け取る時期

具体的な変更や、すべてが予定どおりに進んでいることをお伝えするために、各地域における発効日の約45~60日前に追加情報をお届けする予定です。

法人への移行により生じる他の変更

これらの法人への移行の結果、弊社事業の他の分野に生じる変更はわずかです。

Dowが古い法人(Rohm & Haasの関連法人など)を使用する理由

合併手続きの一環として、DowおよびDuPont両社は、DowDuPontの3つの事業部門(アグリカルチャー、素材科学、特殊化学品)の創設と、予定している独立した3つの会社への移行に向けた準備として、傘下事業の再編成に取り組んでいます。

旧Dowと旧DuPontの事業をDowDuPontの3つの事業部門の1つに再編成するため、必要に応じて各国に法人が形成されました。既存のDowの法人が、特殊化学品事業部門に移行する旧Dowの事業に活用される場合もあります。一部の国では、既存の法人の利用を含むことがあります。たとえば、2009年4月のRohm and Haas Companyの買収の一環としてDowが取得したRohm and Haasの法人がその例です。また、必要に応じて、既存の組織間で資産が移転され、適材適所の事業部門に再編成されることもあります。特殊化学品事業部門を他のDowやDuPontの法人から分割する過程で必要なプロセスです。

文書とシステムの変更

この法人変更に伴う出荷停止または業務停止の予定

現在、弊社システムのアップグレードに伴う措置として、短期間の出荷停止または業務停止を想定しています。この点につきましては十分な余裕を持って事前にお伝えし、緊急出荷手順を整備して、貴社の緊急のニーズに対応させていただく予定です。

新たな法人の所在地

現時点では、新たに設立する法人の最終的な所在地は、最終決定の段階です。十分に検討した上で、業務に必須の税務情報および財務情報(納税ID番号、VATなど)とともに、今後のサプライヤー様へのご連絡においてお知らせします。

VAT登録の変更

VAT番号は変更される可能性があります。明らかになりましたら、可能な限り速やかに、サプライヤー様にお知らせします。

TAX番号の変更

TAX番号は変更される可能性があります。明らかになりましたら、可能な限り速やかに、サプライヤー様にお知らせします。