ダウ取締役会、CO2排出量実質ゼロに向けたプロジェクトの最終投資を決定

  • カナダのアルバータ州フォート・サスカチュワンにおけるブラウンフィールド投資は、世界初のスコープ1および2炭素排出量ネットゼロのエチレンおよび誘導品工場に
  • ダウの世界エチレン生産能力の20パーセントを脱炭素化すると同時に魅力的なハイエンド市場で年間200万トンのオーガニック成長を実現
  • 経済サイクル全体でフル稼働した場合、10億ドルのEBITDA成長が見込まれ、ダウにとって世界で最もコスト競争力のある拠点のひとつとなる見込み
  • クラッカーのオフ・ガスから水素をクリーン燃料に転換し、CO2を回収・貯蔵することで、年間100万トンのCO2を削減
  • 循環型水素、CO2回収、その他のインフラ資産に対する第三者からの追加投資20億ドルを活用
  • 連邦政府、州政府、地方自治体からの補助金や優遇措置がダウの目標リターンをサポート

 

ダウのフォート・サスカチュワン工場
 

ダウ(NYSE: DOW、本社:米国ミシガン州、会長兼CEO:ジム・フィッタリング)は、世界初となる二酸化炭素(CO2)排出量のスコープ1、2がネットゼロのエチレンおよび誘導品工場をカナダ・アルバータ州に建設するフォート・サスカチュワン・パス・ツー・ゼロ(Fort Saskatchewan Path2Zero)プロジェクトについて、取締役会が最終投資決定をしたことを発表しました。

プロジェクトは、政府の奨励金や補助金を除いて65億ドルの規模であり、スコープ1、2の排出量を正味ゼロにする既存クラッカーの改修に加え、エチレンクラッカー新設、ポリエチレン生産能力を年間200万トン増加させます。この投資により、ダウの世界のエチレン生産能力の20パーセントが脱炭素化され、EBITDAで最大年間10億ドルの成長がもたらされる見込みです。

製品に低排出または排出量ゼロという付加価値がつくことで、特に包装、インフラ、衛生などの高価値市場で高まる顧客需要を取り込むことが可能になります。ダウは大規模プロジェクトを成功させる専門知識をもっており、米国テキサス州フリーポートのTX-9クラッカーでは優れた資本集約、転換コスト、低排出の取り組みにより、2017年の稼働以来、投資資本利益率15パーセント以上を達成しています。

取締役会の承認により、2024年に建設を開始することができます。生産能力は段階的に増加させる計画であり、第1段階は2027年に稼動し、エチレンおよびポリエチレンの生産能力を年間約128万5千トン増加、第2段階は2029年に稼動し、さらに年間約60万トン増やす予定です。

プロジェクトでは、スコープ1、2の排出量をネットゼロにするため、リンデ社の空気分離技術と自己熱改質技術を導入し、クラッカーのオフ・ガスを水素に変換してクリーンな燃料として工場内で使用します。さらに、排出される二酸化炭素を回収・貯蔵し、現在のCO2排出量を年間約100万トン削減すると同時に、工場の生産能力の追加による排出量増加分を削減します。

ダウが投資先としてフォート・サスカチュワン工場を選んだのは、カナダ西部には他の地域と比べてコスト競争力の高い天然ガスがあり、エチレン製造の主要原料であるエタンもコスト面で有利なためです。フル稼働の場合、ダウにとって世界で最もコスト競争力のある工場のひとつになると予想されます。この地域は、プロジェクトの脱炭素化に必要な既存のCO2輸送・貯蔵インフラへのアクセスも可能です。優秀な労働者が集まっており、ダウは60年以上にわたって地域コミュニティの一員でもあります。さらに、カナダ、アルバータ州、フォート・サスカチュワン市の各政府はこのプロジェクトを支援しており、カナダにおける低排出製造業の技術革新を推進する補助金や優遇措置を受けています。カナダの新しいITCプログラムを利用する初の事例です。

ダウの投資は、循環型水素、CO2回収のほか、プロジェクト遂行に必要なインフラ資産に対する第三者企業からの約20億ドルの投資を活用します。今年初め、ダウは、クリーンな水素と窒素を供給する産業ガス・パートナーとしてリンデ社を選定し、フロントエンド・エンジニアリングと設計においてはフルアー社を選定したことを発表しました。さらにダウは、アルバータ州幹線に沿ってCO2輸送を提供するウルフ・ミッドストリーム社、工場からの製品の第三者物流を提供するラバゴ社と提携しています。

ダウ会長兼CEO、ジム・フィッタリング(Jim Fitterling)は次のように述べています。「このプロジェクトは、産業の脱炭素化と収益性の向上の両立が可能であることを示す代表的な例となります。事業成長と設備の脱炭素化は、ダウの事業戦略の中心です。当社のステークホルダーである顧客と株主に価値を、従業員に新たな機会を、地域社会に経済成長を、環境に温室効果ガスの排出削減を提供します」

ダウ・パッケージング・アンド・スペシャルティ・プラスチック事業部門プレジデント、カレン・S.カーター(Karen S. Carter)は次のように述べています。「今回の投資は、パッケージング・アンド・スペシャルティ・プラスチックのポートフォリオ全体の成長につながるものであり、業界初の排出量ゼロ製品とソリューションを提供する機会になります。革新と循環性を目指した製品設計により、ダウは包装、インフラ、衛生などの成長分野にわたる顧客の進化するニーズに応えることができます。プラスチックの温室効果ガス排出量は代替材料の半分以下であり、環境面で優れていることが長年認識されてきました。この戦略的投資と、プラスチック廃棄物を循環型かつ再生可能なソリューションに転換する取り組みを通じて、ダウは排出量のさらなる削減を達成し、顧客の持続可能性への取り組みを大きく前進できるよう支援していきます」

ダウ・カナダ社長、ディエゴ・オルドネス(Diego Ordonez)は次のように述べています。 「このプロジェクトは、ダウの従業員と地域社会に多大な好影響を与え、雇用と経済機会を創出すると同時に、低排出製造業の先進地として位置づけられるでしょう。政府関係者、フォート・サスカチュワン市の地元住民、近隣の先住民、そして関係する多くのパートナー企業との協力が、この投資を前進させる鍵になりました」

ダニエル・スミス(Danielle Smith) アルバータ州首相は次のように述べています。「ダウによる今回の投資は、アルバータ州にビジネスチャンスがあることを改めて示しました。ダウがこの地でプロジェクトを立ち上げる選択をしたことを誇りに思います。このプロジェクトは、排出量ネットゼロだけでなく、雇用拡大と経済活性化を意味するものです。来年の着工を含め、次の段階を楽しみにしています」

※本参考資料は、2023年11月28日にダウが配信したリリース「Dow's Board of Directors Approves Final Investment Decision for Path2Zero Project」の抄訳です。当資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。

ダウについて

ダウ(NYSE:DOW)は、グローバル展開、設備統合と規模、焦点が明確なイノベーションと素材科学の専門知識、業界およびESG(環境・社会・ガバナンス)におけるリーダーシップを基に、利益ある成長そして持続可能な未来の実現を支援します。ダウの目指す姿は、最もイノベーティブ、顧客本位、インクルーシブそしてサステナブルな素材科学会社となることです。ダウが擁するプラスチック、工業中間体、コーティング、シリコーン事業は、包装やインフラ、モビリティ、コンシューマー用途など成長著しい市場におけるお客さまに向けて、差別化された、科学技術に基づく製品やソリューションを提供します。世界31カ国で製造拠点を操業し、従業員数は約3万7800人です。2022年度における純売上高は約570億ドルです。「ダウ」または「当社」は、ダウ社(Dow Inc)またはその関連会社を示しています。詳細な情報はウェブサイトwww.dow.com またはツイッターアカウント@DowNewsroom をフォローください。

Cautionary Statement about Forward-Looking Statements
Certain statements in this press release are "forward-looking statements" within the meaning of the federal securities laws, including Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended, and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended. Such statements often address expected future business and financial performance, financial condition, and other matters, and often contain words or phrases such as "anticipate," "believe," "estimate," "expect," "intend," "may," "opportunity," "outlook," "plan," "project," "seek," "should," "strategy," "target," "will," "will be," "will continue," "will likely result," "would" and similar expressions, and variations or negatives of these words or phrases.

Forward-looking statements are based on current assumptions and expectations of future events that are subject to risks, uncertainties and other factors that are beyond Dow's control, which may cause actual results to differ materially from those projected, anticipated or implied in the forward-looking statements and speak only as of the date the statements were made. These factors include, but are not limited to: sales of Dow's products; Dow's expenses, future revenues and profitability; any global and regional economic impacts of pandemic or other public health-related risks and events on Dow's business; any sanctions, export restrictions, supply chain disruptions or increased economic uncertainty related to the ongoing conflict between Russia and Ukraine; capital requirements and need for and availability of financing; unexpected barriers in the development of technology, including with respect to Dow's contemplated capital and operating projects; Dow's ability to realize its commitment to net neutrality on the contemplated timeframe; size of the markets for Dow's products and services and ability to compete in such markets; failure to develop and market new products and optimally manage product life cycles; the rate and degree of market acceptance of Dow's products; significant litigation and environmental matters and related contingencies and unexpected expenses; the success of competing technologies that are or may become available; the ability to protect Dow's intellectual property in the United States and abroad; developments related to contemplated restructuring activities and proposed divestitures or acquisitions such as workforce reduction, manufacturing facility and/or asset closure and related exit and disposal activities, and the benefits and costs associated with each of the foregoing; fluctuations in energy and raw material prices; management of process safety and product stewardship; changes in relationships with Dow's significant customers and suppliers; changes in consumer preferences and demand; changes in laws and regulations, political conditions or industry development; global economic and capital markets conditions, such as inflation, market uncertainty, interest and currency exchange rates, and equity and commodity prices; business or supply disruptions; security threats, such as acts of sabotage, terrorism or war, including the ongoing conflict between Russia and Ukraine; weather events and natural disasters; and disruptions in Dow's information technology networks and systems; and risks related to Dow's separation from DowDuPont Inc. such as Dow's obligation to indemnify DuPont de Nemours, Inc. and/or Corteva, Inc. for certain liabilities.

Where, in any forward-looking statement, an expectation or belief as to future results or events is expressed, such expectation or belief is based on the current plans and expectations of management and expressed in good faith and believed to have a reasonable basis, but there can be no assurance that the expectation or belief will result or be achieved or accomplished. A detailed discussion of principal risks and uncertainties which may cause actual results and events to differ materially from such forward-looking statements is included in the section titled "Risk Factors" contained in the Company's Annual Report on Form 10-K for the year ended December 31, 2022, and the Company's subsequent Quarterly Reports on Form 10-Q. These are not the only risks and uncertainties that Dow faces. There may be other risks and uncertainties that Dow is unable to identify at this time or that Dow does not currently expect to have a material impact on its business. If any of those risks or uncertainties develops into an actual event, it could have a material adverse effect on Dow's business. Dow Inc. and The Dow Chemical Company (TDCC) assume no obligation to update or revise publicly any forward-looking statements whether because of new information, future events, or otherwise, except as required by securities and other applicable laws.

###

お問い合わせ先

ダウ日本広報室 沢登(電話: 03 5460 6276 メール: rsawanobori@dow.com