ダウ、再生プラスチックを利用し、テキサス施設内の道路を改良

循環経済パイロット・プロジェクトで証明された 使用済みプラスチックの革新的な利用方法

ダウ(本社:米国ミシガン州、会長兼CEO:ジム・フィッタリング)は、世界で消費さ れるプラスチックを削減し、イノベーションを通じた循環型経済の実現を目的とした取 り組みの一環として、米国テキサス州フリーポートの自社施設内に、消費者使用後の再 生プラスチック (PCR: Post-Consumer Recycled)で改良を加えた、新たなポリマー改質 アスファルト(PMA)道路を2 本建設しました。現在、両道路(プラスチックロード、ガ ルフストリームロード)とも通行に利用されています。

今回デュポン社のアスファルト改質技術Elvaloy®を用いたことにより、以下の事項を達成しまし た:

  • 再生直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)プラスチックを760 キロ以上使用(1,686lb、プラス チック製買い物袋120,000 枚の重量に相当)
  • 2 本あわせて800 メートル近く(約2,600 フィート)にものぼるPMA舗装道路の建設。
  • PMA素材のコストを節減。
  • 性能グレード70-22 の要件を充足。

ダウでグローバル建築分野サステナビリティリーダー兼パッケージング&スペシャルティプラス チック事業部インフラ・建設分野マーケティングマネジャーを務めるジェニファー・リーは、次 のように述べています。
「我々は、今回のプロジェクトの技術的な展望を考えると胸が躍る気持ちです。PCR を利用する ことにより、道路建設の際のPMA 素材コストを減らすことができました。現在、多くの人にと って循環経済という概念は非現実的なものかもしれません。しかし、性能向上やコスト節減によ って、持続可能な社会への取り組みをいかに実現していけるかが知られていけば、循環型経済の 実現可能性は一段と高まります」

ダウの研究者は、今回のプロジェクトにおけるMartin Asphalt、American Materials、そしてVernor Material & Equipment との協業の成果を精査しており、PMA 道路の寿命や性能をモニタリングし、 様々な気象や条件の下でも使用に耐え得るよう、さらなる改良を計画しています。また、ダウは 現在、米国ミシガン州ミッドランドにある本社施設の駐車場においても、次世代型の再生プラス チック混合物を使用したアスファルト改修工事を計画しています。

「ダウのグローバル・サステナビリティチームは、ダウのバリュー・チェーンにおいてパートナー 企業とともに新たな建設分野のエンドユース・プロジェクトの特定に専心して取り組んでいます。 市全域や高速道路、あるいは企業敷地内の広範囲における道路や駐車場の改良に、再生プラスチ ックやまだリサイクルされていない使用済み梱包・包装材を利用できるようになった時、それが 社会へもたらすインパクトを想像してみてください」と、リーは述べています。

世界中のPMAプロジェクトを通じ、これまでにダウが敷設してきたPMA舗装道路の距離を合計 すると42 キロ(約26 マイル)以上となります。こうしたプロジェクトの結果として、100 トン にのぼる廃棄物を、ゴミとして埋め立てる代わりに道路建設に転用することができました。

この北米でのパイロットプロジェクトに先立ち、ダウは2017 年に、2025 年までに海洋プラスチ ック廃棄物を70 パーセント削減することを目指すインドネシア政府の取り組みを支援する一環 として、同国デポック市で再生プラスチックを使用した道路改良プロジェクトを実施しました。 この実験的なプロジェクトで成果が出た後、インドのプネとバンガロールの両市で、KK Plastic Waste Management, Ltd.、Rudra Environmental Solutions、そして現地の2 自治体と連携して、プラ スチックを用いた道路改良プロジェクトに従事しました。さらに、直近の事例では、タイのサイ アム・セメント・グループとタッグを組んだプラスチックによるアスファルト道路改良プロジェ クトなどが挙げられます。

パッケージング・アンド・スペシャルティ・プラスチックについて
ダウ・デュポンの素材科学事業部門であるパッケージング・アンド・スペシャルティ・ プラスチックは、研究開発の核となる強み、世界的な事業基盤、幅広い製品群、業界に おける専門性を通じて、プラスチックそして接着に関連する革新的で持続可能なソリュ ーションを提供します。当事業部は、軟包装・硬質食品包装、第二次・三次包装、工業 用、健康・衛生そして接着などの高成長市場に注力しています。また、世界最大のポリ エチレンメーカーのひとつであり、バリューチェーンを越えたイノベーション・リーダ ーそしてコラボレーターです。

ダウは、科学とテクノロジーの知見を基に、人類の進歩に不可欠な第一級の素材科学ソリューシ ョンの開発に取り組んでいます。業界でもトップクラスの強力かつ広範なツールを備えており、 強固なテクノロジー、統合された資産、スケールと競争力を基盤に、グローバル社会が抱える複 雑な課題解決に対応します。ダウが擁する、市場主導型かつ業界を代表する高機能素材、工業用 中間体およびプラスチック事業のポートフォリオは、包装やインフラ、コンシューマー・ケアな ど成長著しい市場における顧客企業に向けて、差別化された技術に基づく幅広い製品やソリュー ションを提供します。ダウは、ダウとデュポンからなるホールディングカンパニーであるダウ・ デュポン(NYSE: DWDP)の子会社です。ダウ・デュポンは、農業関連、素材科学、特殊化学品分 野における強固で独立した3つの上場企業を設立する計画です。www.dow.com

ダウ日本広報室 沢登
電話: 03 5460 6276
メール: rsawanobori@dow.com